実質上の待機児童、神奈川県の保留児童ランキング(2017年/平成29年度)

友達に教える

この記事では、神奈川県の「実質上の」待機児童数である、保育園の「保留児童」のワーストランキングとして、神奈川県が公開している2017年度(平成29年度)4月時点の保育園保留児童数を、市町村別に、多い順にご紹介しています。

前回の記事で、神奈川県の保育園待機児童のワーストランキングを公開しました。

神奈川県の待機児童ランキング(2017年/平成29年度版)
この記事では、神奈川県の待機児童ワーストランキングとして、神奈川県が公開している2017年度(平成29年度)4月時点の保育園待機児童数を、市町村別に、多い順にご紹介しています。 関東では東京都に...

記事中にも述べた通り、神奈川県における「待機児童」というのは、政府が定義変更を試みているものの、育休中や休職中の人を除外したりして、かなり少なめにカウントされています。

そのため、今年から県が公開している「保留児童」という数値を使って、より実態に近い待機児童のランキングを作成しました。

スポンサーリンク

はじめに:神奈川県における「待機児童」と「保留児童」

この記事は、神奈川県が2017年5月31日に発表した、2017年4月時点の県内の待機児童に関する資料をもとにしています。

報道発表資料「保育所等利用待機児童数の状況について」

神奈川県では、保育所利用を希望した154,629人のうち、保育所に入園できななかった9,431人を「保留児童」と呼んでいます。

保育園に入れなかったこの人たちが「待機児童」では?と思ってしまうのだけど、「保育園に入れなかったことをきっかけに仕事をやめて専業主婦(主夫)になる人もいるでしょ?そういう人はもう保育園必要ないでしょ?」という理屈があるようで、この数字は「保留児童」と呼ばれ、待機児童とは言いません。

神奈川県では、この9,431人の保留児童から、以下の7つに該当する子どもの人数を除外した数字を「待機児童」と呼んでいます。

  1. 預かり保育を実施している幼稚園
  2. 国庫補助を受けている認可外保育施設
  3. 企業主導型保育事業
  4. 地方単独補助を受けている認可外保育施設
  5. 求職活動中のうち、求職活動を休止している者
  6. 特定の保育所を希望し、保護者の私的な理由により待機している者
  7. 育児休業中の者

(主語が「施設」なのか「親」なのか「子ども」なのかバラバラすぎるけど、表現は県の発表資料のままです。)

1-4は、認可保育園以外に入れたので、たとえ認可保育園に転園したがっていても、一旦は待機児童から除外する、というものです。だいたい2800人くらいいます。(全体のそもそも保育園が足りてないので、認可保育園以外ってあまり無いので、希望者15万人の2%にも満たないかずです。

5と7は「おれ(わたし)、保育園入れたら就職(復職)するんだ…」という人が保育園に入れなかった場合、「保育園入れなかったから就職(復職)しないんでしょ?育児できるよね?」というめちゃくちゃ乱暴な理屈で待機児童から除外するというものです。2,500人くらいいます。

6は「家の近くの保育園じゃなきゃ嫌だ」といった最低限の要望が満たせなかった園(隣町、通勤方向と逆、家から30分…等)を辞退した場合、「へー、入れるのに拒否するんだ?」という理由で待機児童から除外したものです。意外とこのカテゴリが多くて、3000人くらいいます。

2017年から「保育園入れなくて泣く泣く育休延長したり求職活動停止した人を除外するのは非道すぎるのでは」という意見を反映して、待機児童の定義に見直しが入りました。とはいえ、これまでの定義で数えたほうが待機児童数を少なく公表できるので、古い定義のまま数える自治体が少なくありません。(2017年だと、横浜市が待機児童2人、川崎市がゼロ人だった)

そこで、より保育園事情の厳しさを単純に表すことができる「希望したのに入れなかった人の数」である保留児童数を市町村別のワーストランキングにすることで、待機児童問題の厳しい地域を洗い出してみました。

神奈川県の保留児童数ワーストランキング2017年(平成29年)度版

前置きが長くなりました。ここから「保留児童」のワーストランキングに移りましょう。なお、2017年度の神奈川県待機児童ワースト10は

1位:藤沢市
2位:座間市
3位:伊勢原市
3位:海老名市
5位:秦野市
6位:厚木市
7位:鎌倉市
7位:綾瀬市
7位:葉山町
10位:平塚市

となっていました。新しい待機児童の定義で集計した結果、前年から大幅に待機児童数を増やしてしまった地域が上位にランクインしていました。いっぽうで人口の多い横浜市・川崎市は待機児童0-2人でランキング下位でした。

神奈川県の待機児童ランキング(2017年/平成29年度版)
この記事では、神奈川県の待機児童ワーストランキングとして、神奈川県が公開している2017年度(平成29年度)4月時点の保育園待機児童数を、市町村別に、多い順にご紹介しています。 関東では東京都に...

ここから保留児童数のワーストランキングです。

神奈川県保留児童数ワースト1位〜10位

1位:横浜市 …3259人
2位:川崎市 …2891人
3位:藤沢市 …611人
4位:相模原市 …432人
5位:大和市 …273人
6位:厚木市 …256人
7位:座間市 …218人
8位:茅ヶ崎市 …156人
9位:鎌倉市 …154人
10位:海老名市 …138人

待機児童が多い自治体は保留児童数も多いです。保留児童ワースト10のうち6つの市は待機児童ワースト10にもランクインしていました。

ただ、待機児童数が少ないから保留児童が少ないとは限りません。待機児童数を少なく発表していた自治体の化けの皮がはがれます。

横浜市と川崎市が、3位に5倍近い差をつけて圧倒的なワンツーフィニッシュです。保留児童数は横浜市が3000人超え、川崎市が3000弱です。なんども言いますが、2017年の横浜市の待機児童は2人、川崎市は0人ということになってました。

ほかにも大和市・相模原市もそれぞれ待機児童数0人と発表してきたのに、保留児童数はワースト5位以内に入る多さでした。

神奈川県保留児童数ワースト11位〜20位

11位:平塚市 …134人
11位:小田原市 …134人
13位:横須賀市 …129人
14位:伊勢原市 …94人
15位:秦野市 …91人
16位:葉山町 …90人
17位:綾瀬市 …83人
18位:愛川町 …72人
19位:逗子市 …52人
19位:寒川町 …52人

20位内にも、待機児童ワースト上位だった地域が顔を出しています。横須賀市は待機児童12人の10倍以上の保留児童がいるようです。待機児童ワーストに入っている葉山町も保留児童上位ランカーですね。

神奈川保留児童数ワースト21位〜27位(保留児童数ゼロ)

21位:大磯町 …41人
22位:南足柄市 …33人
23位:二宮町 …19人
24位:三浦市 …14人
25位:開成町 …3人
26位:大井町 …2人
27位:中井町 …0人
27位:松田町 …0人
27位:山北町 …0人
27位:箱根町 …0人
27位:真鶴町 …0人
27位:湯河原町 …0人
27位:清川村 …0人

保留児童数のワーストランキング下位というのは、保留児童が少ない=保育園に入りやすい、ということで良いことです。

もっとも、名前でもわかるように、神奈川の山間地帯ばかりです。自治体の人口が少ないと、待機児童問題・保留児童問題は発生しないところが多いようです。

というわけで、あまりに待機児童のランキングが現実を反映していないので、認可を希望したけれど入れなかった「保留児童」のランキングを作成してみました。神奈川県には是非とも継続してこの保留児童に関するデータも公表し続けて欲しいです。