川崎市幸区の保育園一次倍率(2017年/平成29年度版)

友達に教える

この記事では、神奈川県川崎市の幸区が公開した2017年(平成29年)4月の保育所等利用申込・利用調整結果状況(一次利用調整)の倍率を、前年度(2016年4月)のデータと比較するかたちでご紹介します。

かつて保育園激戦区と呼ばれた川崎市。現在の待機児童数は驚異的な少なさを誇るようで、2015年4月度にはついに待機児童ゼロ人を達成しています。でも、保育園探しをした人ならみんなわかってると思いますが、この待機児童ゼロは数字のマジックです。

なので、川崎市の保育園の激戦度合いを知るには、「何人が申し込んで、何人が入園できたか」という競争率を見ていただくのが手っ取り早いと思います。

2017年4月に川崎市幸区の認可保育園に入った人と応募者数をもとに算出した、川崎市幸区の保育園倍率情報をご紹介します。

スポンサーリンク

幸区の認可保育園の倍率は8.7倍?

2017年(平成29年)4月入園の川崎市幸区の認可保育施設の一次募集の内定数は全年齢(0歳児から5歳児)の合計で912人でした。これは49の施設(保育園・保育ママ・認定こども園など)の合計です。在籍児童の進級はカウントしてません。

2017年4月入園児には、7,958名が応募したうち、入園できた子どもは912名だったので、競争倍率は8.73倍となりました。ほぼ9人に1人しか入れないということです。ただし、川崎市の公表している応募数は複数の園に希望を出した人の累計数です。1人3園以上に併願しているはずなので、実倍率はもっと低いはずです。この記事では実際に希望を出した人数(重複を除いた人数)は触れていません。

一人複数の園に応募しているという前提での川崎市幸区の保育園の年齢別の競争率(2017年4月)は以下の通りでした。

  • 0歳児…7.7倍(内定275人に申請2109人)
  • 1歳児…10.9 倍 (内定353人に申請3838人)
  • 2歳児…8.3 倍 (内定134人に申請1116人)
  • 3歳児…5.7 倍 (内定118人に申請678人)
  • 4歳児…7.5 倍 (内定23人に申請172人)
  • 5歳児…5.0 倍 (内定9人に申請45人)

全体では、申請7958人に対して内定912人、倍率は8.73倍です。応募6,184名で倍率が7.34倍だった川崎市川崎区(前の記事参照)と同じくらいです。

最後のほうで述べますが、前年2016年4月入園よりも、内定者は増えたものの、倍率は前年度の6.8倍から大幅に増加(競争率が激化)しています。

すごくざっくりと言うと、ほぼすべての園の内定者数はヒトケタです。また、川崎区と違って、二桁の内定者が出るところの倍率がすごく高いです。(だいたい10倍で、ひどいときは20倍)。内定者数でいうと川崎区と同じくらいですが、倍率に関して言えば、全体的に競争率が高く、1歳児に至っては10倍を超えてしまいました。

川崎市幸区の保育園の競争率、前年度との比較

倍率のデータというのは、単年で見ても、見える情報は限られてきます。

子育てジャパンでは、昨年度も幸区の保育園の競争率について同様な集計を行いました。記事は公開していなかったけれど、次のような結果でした。

2016年4月の幸区保育園倍率

  • 0歳児…6.5倍(内定235人に申請1534人)
  • 1歳児…8.3 倍 (内定333人に申請2775人)
  • 2歳児…5.9 倍 (内定131人に申請767人)
  • 3歳児…4.9 倍 (内定116人に申請564人)
  • 4歳児…5.6 倍 (内定33人に申請183人)
  • 5歳児…4.3 倍 (内定11人に申請47人)

全体では、申請5870人に対し859人内定の、倍率6.3倍でした。
幸区の保育園の倍率の情報を、昨年度のデータと比較すると、次のようなことがわかりました。

  • 内定者数:859名→912名 (53名増加)
  • 応募人数:5870名→7985名 (2115名増加。ただし、延べ人数なので参考値)
  • 倍率:6.8倍→8.7倍

定員が前年度から6% くらい増えたけど、応募は36%も増えたので、倍率が激しく増えてしまっています。ちなみに、激戦である0歳児クラスの内定者数を40名、1歳児クラスの内定者数を20名増やしていますが、この程度の増加は、保育園を新設せずにクラス定員の引き上げ程度の試作で達成できそうな気がします。そのため、競争が激化しているのに定員が増えていない幸区の待機児童対策(厳密には待機児童は「いないことになっている」ので、保育園充実化)は何もやっていないレベルかな、と思います。

おわりに:この記事のデータについて

この記事のデータは川崎市がPDF形式で公開している幸区の保育園の一次募集の調整後申請数と実際に内定を出した数の一覧表を、当方が手作業で集計して、年齢別の倍率を算出しています。

元データはこちらです。

川崎市幸区の認可保育所等の利用調整結果(PDF)

http://www.city.kawasaki.jp/450/cmsfiles/contents/0000030/30624/20saiwai-itiziriyouchouseikekka.pdf

情報を掲載しているページ

・平成29年4月の保育所等の利用調整に関する申込数及び内定数を掲載します。
・申込数は、利用を希望されている児童の延べ申込人数です。
・内定数は、新規の入所予定数です。

この記事で紹介した倍率は、定員若干名の家庭的保育施設から定員150名の大規模保育園、そして0-2歳向け、1-5歳向けなど、様々な園のデータを一緒くたに集計したものですので、実態とは隔たりがあることをご承知おきください