千葉県の待機児童ランキング(2018年/平成30年度版)

この記事をシェア

2018年度千葉県保育園待機児童

この記事では、千葉県が公開している2018年度(平成30年度)4月時点の保育園待機児童数を、多い市町村順に、千葉県の待機児童ワーストランキングとして公開いたします。

千葉県の2016年4月時点の保育園待機児童数は1,787人と前年から随分増えていました。

https://kosodatejapan.com/taikijido/chiba-ranking-2017/‎(新しいウインドウで開く)

千葉県全体の2018年の待機児童数は、前年から400人ほど減少して、1,392名でした。一体どこの自治体(市町村)で待機児童が多かったのか、ランキングにしてみました。なお、ここで利用している情報は、千葉県健康福祉部子育て支援課が毎年公開している、”市町村別待機児童数(各年4月1日現在)”を加工しました。



スポンサーリンク

千葉県の待機児童数(2018年)ワースト1位〜10位

待機児童数が多い順に並べると、上位10の自治体は次のような結果になりました。

  • 1位:市川市…385人(前年比191人減)
  • 2位:浦安市…168人(前年比3人増)
  • 3位:習志野市…144人(前年比194人減)
  • 3位:八千代市…144人(前年比37人増)
  • 5位:印西市…133人(前年比52人増)
  • 6位:船橋市…95人(前年比14人増)
  • 7位:木更津市…83人(前年比3人減)
  • 8位:市原市…52人(前年比14人増)
  • 9位:君津市…45人(前年比26人増)
  • 10位:流山市…29人(前年比63人減)

前年度に比べると増加幅は可愛いものの、ワースト10位農地6つの自治体で待機児童数が前年より増えています。もっとも、200人近く待機児童数を減らしている市川市と習志野市のインパクトが大きいので、全体では減少傾向に見えます。上位4自治体の顔ぶれは変わっていないものの、市川市と習志野市の減り幅が大きいです。なお、千葉市は保留児童が417人ほどいるので、ワースト10圏外にいるくせに実は保育園激戦区だったりしそうです。(それをいうと、ワースト10にいる自治体も保留児童が多いのかも)

千葉県の待機児童数(2018年)ワースト11位〜21位

続いて千葉県の待機児童数をワースト20位まで並べます。

  • 11位:白井市…22人
  • 12位:茂原市…17人 *前年比53人減
  • 13位:成田市…15人
  • 13位:佐倉市…15人
  • 15位:八街市…11人
  • 16位:千葉市…8人*前年比40人減
  • 17位:東庄町…7人
  • 18位:富里市…6人
  • 18位:大網白里市…6人
  • 20位:東金市…3人
  • 21位:四街道市…2人
  • 21位:酒々井町…2人

千葉市と茂原市がだいぶ待機児童数を減らしていますね。ただし千葉市は数字のマジックで保留児童が沢山います。

千葉県の待機児童数(2018年)ワースト23位(待機児童ゼロ)

ここから紹介する千葉県の自治体は全て待機児童ゼロです。ただし、すごく人口が少ない自治体が多いです。

  • 23位:袖ケ浦市…0人
  • 23位:銚子市…0人
  • 23位:館山市…0人
  • 23位:松戸市…0人
  • 23位:野田市…0人
  • 23位:旭市…0人
  • 23位:柏市…0人
  • 23位:勝浦市…0人
  • 23位:我孫子市…0人
  • 23位:鴨川市…0人
  • 23位:鎌ケ谷市…0人
  • 23位:富津市…0人
  • 23位:南房総市…0人
  • 23位:匝瑳市…0人
  • 23位:香取市…0人
  • 23位:山武市…0人
  • 23位:いすみ市…0人
  • 23位:栄町…0人
  • 23位:神崎町…0人
  • 23位:多古町…0人
  • 23位:九十九里町…0人
  • 23位:芝山町…0人
  • 23位:横芝光町…0人
  • 23位:一宮町…0人
  • 23位:睦沢町…0人
  • 23位:長生村…0人
  • 23位:白子町…0人
  • 23位:長柄町…0人
  • 23位:長南町…0人
  • 23位:大多喜町…0人
  • 23位:御宿町…0人
  • 23位:鋸南町…0人

昨年待機児童数ゼロだった佐倉市が再びゼロじゃなくなってしまいましたね。

千葉県の待機児童数2018年4月のまとめ

千葉県は例年、上位2-3自治体で県全体の待機児童数の5割を超えてたのだけど、前年度から減った待機児童はほとんど待機児童数上位自治体で減ったようなものなので、自治体ごとの格差が縮まってきた印象です。

また、千葉県独自の年齢別の待機児童数は次のようになっていました。

  • 0歳児…98人
  • 1歳児…930人
  • 2歳児…276人
  • 3歳児…69人
  • 4歳以上児…19人

1歳児の割合が多いというのは例年通りなのだけど、前年度は6割が1歳児だったのが、今年度はなんと1歳児が67%を占めています。代わりに0歳児が減ってます。前年に比べて保育所定員が3,000名弱増え、小規模保育(0-2歳児中心)も1,000名以上定員を増やしています。これは前年度の「伸び」よりも大きな増え方なので、ちば県全体で保育の受け皿は増えているようですね。来年以降、1歳児の待機児童が減少傾向になってほしいものです。