横浜市の実質的な待機児童である「保留児童」ランキング (2018年/平成30年度版)

友達に教える

この記事では2018年(平成30年)度の横浜市の各区における保育園保留児童数(実質上の待機児童数)をワーストランキング形式で紹介します。

ひとつ前の記事で、横浜市の待機児童数ランキングをご紹介し、横浜市の2018年4月時点の待機児童数が63名と紹介しました。思いの外少ない理由は記事内で紹介した通り、保育園に入れなかった3,080人の「保留児童」を待機児童扱いしていないためです。

そこで、実質待機児童である横浜市の「保留児童」のワーストランキングを作成しました。

このランキングを作成するにあたって参照したのは、横浜市のこども青少年局保育対策課が毎年発表している「保育所等利用待機児童数について」という資料の2018年版です。

スポンサーリンク

横浜市の待機児童(保留児童)ワーストランキング

2018年度(平成30年度)4月における横浜市全18区の保留児童数を、多い順にワーストランキングとしてご紹介します。

ちなみに、前年度は、港北区、鶴見区、神奈川区が2年連続でワースト3を占めました。(前年度のランキングはこちらの記事をご覧ください)

  • 1位:港北区…507人
  • 2位:戸塚区…268人
  • 3位:鶴見区…246人
  • 4位:磯子区…202人
  • 5位:神奈川区…199人
  • 6位:保土ケ谷区…196人
  • 7位:南区…192人
  • 8位:緑区…153人
  • 9位:中区…146人
  • 10位:青葉区…143人
  • 11位:金沢区…141人
  • 12位:西区…139人
  • 13位:都筑区…135人
  • 14位:旭区…107人
  • 15位:港南区…94人
  • 16位:瀬谷区…86人
  • 17位:栄区…67人
  • 18位:泉区…59人

不動のワースト1位である港北区は安定の500人越えです。ワースト3位の常連だった神奈川区が保留児童数を年々減らしていて、5位まで下がりました。かわって戸塚区が2位に躍り出ています。前年度200人から268人なので劇的な増加ではないです。

横浜市は、港北区、鶴見区、青葉区、戸塚区の順に子どもの数が多く、だいたいがワーストランキング上位と一致します。ただ、青葉区はあんまり保留児童の数が目立たず、200人弱を毎年キープし、今年は例年より50人ほど少なくなってました。

横浜市の保育園、保留児童数ランキング(2018)の補足

後日補足や考察を入れたいと思います。